まみむめも道

日本文化の研究と発信 世界旅行記

挨拶とお辞儀の礼儀作法

皆様、こんにちは。まみおです(o^^o)f:id:mamimumemodou:20170811172242j:image

 

本日は日常で無意識にもしている挨拶とお辞儀のお話です*

 

 

 

挨拶の役割

 

おはようございます♡    こんにちは♡

 

挨拶には、どんな役割があるとおもいますか?

 

日ごろ当たり前にしている事の意味って、あまり考えませんね(OvO)

 

挨拶をする場面で、挨拶をしない。これは、

 

あなたの存在を無視しています

 

という意味になるのです(´・ω・`)

 

ということは

 

挨拶には、【あなたの存在を認めています

 

という役割があります(o^^o)

 

笑顔の役割

 

また、笑顔には、とんな役割があるでしょうか?

 

笑顔の役割(OvO)?そんなのあるの(OvO)?

 

そうなんです。スマイルも、役割があります(o^^o)

 

笑顔には

 

あなたに心を開いていますよ

あなたを承認していますよ

私の心は安定していますよ

 

という証を示しています。

 

なので、目が笑っていない笑顔では、意味がありませんね(o^^o)(笑)

 

笑顔で挨拶をすることで、お相手に安心をお届けすることができます(o^^o)*

 

お辞儀の意味

 

そして、お辞儀に込められた意味もあります。

 

お辞儀なんて、なんなら電話越しにもしちゃったりしませんか(OvO)?

 

日本では礼=お辞儀を、とても大切にしています。

 

礼に始まり礼に終わる。

 

とは、何事にも礼儀が大切である。

 

という意味です。

 

日本では、入室・退室のさいにも礼をし、場所へも神聖な敬意をはらいます。

 

武道では、試合の前後にも礼をします。

 

戦う前も、勝負がついた後も、相手への敬意や感謝を表します。

 

こうしたきちんとしたお辞儀は、ぺこぺこしたおざなりなものではなく、心を込めて一礼ずつしていますね*

 

お辞儀は、首という急所を相手に無防備にさらすことで、《相手への信頼》を表し、かつ、《自分のことも信頼をしてほしい》という表現をしています。

 

礼儀作法の基本は武家の礼法

 

どういうことかというと、今に伝わる正しいお辞儀の仕方は、武家の礼法なのです。

 

礼法には、公家礼法と武家礼法があります。

 

おじゃる家と、ござる家な感じですね(o^^o)笑

 

武家礼法は、将軍の礼法の指南に、伊勢家、小笠原家、今川家という三家が任されました。

  

明治時代になると、身分の高い者だけが身につけていた礼法はとして一般大衆にも広がり、女学校教育にも取り入れられました。

 

そして現在日本の礼儀作法は、剣道、柔道などの武道、茶道や書道など、そして和食の作法などの日常の礼儀作法も、すべて武家の礼法が基になっています。

  

なので作法の意味には、武士の視点が多くあるのですね(o^^o)

 

ということで、お辞儀にもしっかり型があるんです*

 

近年の女性の肘はりポーズは朝鮮式

 

日本では、気おつけの姿勢が、敬意のある立ち姿となります。

 

百貨店や、キャビンアテンダントさんが肘をはり、お腹のあたりに指先を重ねて置いているポーズが今、女性の定番となっているようですが、あのようなポーズは、近年、朝鮮から取り入れられた立ち姿です。

 

チマチョゴリのような衣装には適したポーズですね*

 

日本の礼法では、手を重ねず、肘をはりません

肘をはるというのは、筋肉に無理が生じる姿勢となり、楽器の演奏やスポーツでも、肩の力を抜く、という指導がよくされると思います。

 

礼儀作法のお稽古でも、お箏のお稽古でも、少しでも肘がはると、肩の力を抜くように注意されます。

 

昔ダンスを習った時は、腕は肩からではない、肩甲骨からが腕だと思うように表現するように指導されました。

  

正しい形というのは、無駄がなく機能的で、骨格や筋肉に従った形美しい、というのが、日本の礼法の考え方なのです。

 

無駄な筋肉の使い方が少しでもあると、突然敵襲に襲われた時に不利になります。

 

武士道がベースとわかると、解りやすいですね(o^^o)

 

また、手を重ねるのは、休んでます、待機中です、の合図になります。お辞儀の時は、手を重ねてはいけません。気をつけの姿勢から、上体を下げる深さによって自然に下りる手の位置が、正しいお辞儀です。

 

正座の時も、ふわりとハの字に、腿に手を置くのが基本姿勢となります。

 

手を重ねて待機の時は、左上位、左手を上に重ねます*

 

さて、まずは礼儀作法の基本、立ち姿のポイントをお伝えいたします*

 

立ち姿が美しいだけで、女性の美しさの質が格段に高くなります(o^^o)

 

立ち姿の6つのポイント

  

①頭の位置

頭を少し後ろに引いて、耳の位置が肩の中心にくるように意識する

 

②肩の位置

肩甲骨を寄せることに意識をすると胸がひらきます。そのまま肩をすとんと落とし、肩の力は抜きます。手は肩甲骨を寄せ、肩をすとんと落とした自然の位置につけます。

 

③中心軸

おへそから鼻先が一直線に結ばれている意識で、身体の軸を真っ直ぐに整えます。

 

④骨盤

骨盤をたてます。お尻をキュッ!とするイメージで

 

⑤指先・つま先

足先が離れてしまわないよう、しっかりと揃えておきます。また、手もしっかり全ての指をつけて、雛鳥を持つように、手に丸みをつけます。

 

⑥重心

土踏まずよりほんの少し前の方に乗せます。

 

いかがでしょうか(o^^o)?   

 

スッとした姿勢になりましたか?

 

こちらのポイント、身体が覚えるまで、ぜひ暗記してください(o^^o)

 

ハッ(OvO)!姿勢が悪い!

 

と気付いた時、きちんと姿勢を整えることができ、姿勢が整うと凛とした気持ちをつくることができます♪

 

姿勢が整ったところで、お辞儀の形です(o^^o)

 

 

お辞儀と挨拶の8つのポイント

 

①軸

ももの付け根、そけいぶを軸にして上体を曲げる

 

②しなりをつける

胸から下ろす  

上体には軸があるイメージですが、しなる軸のイメージで(o^^o)

 

③上体を固定

頭の位置を動かさない

頭と上体を一本の軸で揃えたままのイメージで

 

④視線

言葉を述べている時は相手の目を見る

お辞儀の上体を下げるさいに上体と共に目線も下げ、上体を起こしたらしっかりと目を見る

 

⑤表情

優しく穏やかな表情を意識する

 

⑥声のトーン

ラの音を意識して、少し高めのトーンで発する

 

⑦呼吸のリズムでお辞儀をする  礼三息

上体を下げながら息を吸い、止まっている時に息を吐き、息を吸いながら上体を戻す

 

⑧残心

上体を下げる時よりも、戻ってくる時の方をゆっくりとし、緩急を付けて、最後まで心を込めている残心を表現する

 

こちらのポイントも、身体が覚えるまで暗記です(o^^o)♪

 

お辞儀は呼吸のリズムに合わせて行うため、とても自然で美しい形になります*

 

また、インナーマッスルを使うので、良いトレーニングにもなりますね(o^^o)*

 

 

真礼・行礼・草礼

 

お辞儀にもたくさんの種類があります。

 

椅子でのかけ礼・和室での座礼、さらに

 

真礼  最も深いお辞儀

行礼  丁寧なお辞儀

草礼  軽いお辞儀

 

と、あります*

お辞儀の種類や呼び方はいろいろとありますが、一般的に役立つメインの真・行・草の礼で、お伝えいたします*

 

草礼

きをつけの姿勢で言葉を述べ、15度ほど体を傾けると同時に、手を少し前にずらす

『失礼いたします』など 

 

行礼

草形で言葉を述べたら、手が太ももの中心にくる辺りまで上体を下げる(30度くらい)

『どうぞよろしくお願いいたします』など 

 

真礼

草形で言葉を述べたら、手が膝の上あたりに触れる辺りまで上体を下げる(45度くらい)

『本日は真にありがとうございました』や、  神社でのお参りなど

 

お辞儀では間と残心を意識して、ゆっくりと上体を起こしましょう*

 

※ムービーとお写真をお待ちくださいませ 

 

以上が、立礼でお辞儀の挨拶の方法となります*

 

椅子でのかけ礼、和室での座礼も追って更新します(o^^o)

 

以上が挨拶とお辞儀の背景とポイントでした♪

 

この神聖で美しく、敬愛の意が込められたお辞儀は日本独自のものです。

 

ペコペコとした雰囲気のお辞儀ではなく、心の込めた一礼を、一礼、一礼、丁寧にしましょう*

 

形が整うと、敬愛の心をしっかりと乗せ、お伝えすることができます(o^^o)

 

日常でやることです。日常のことを、先人の方法を学び、意識するだけで

 

自分の心身をより美しくさせ、お相手に敬愛をより込められ、この世界をより美しい世界へと変える事ができます。

 

ぜひ、ぜひ、美しいお辞儀の型を、身につけてくださいね(o^^o)

 

それでは本日の締めは、LOVE麻生太郎氏のお言葉

 

人間が生きていく中で大切なことは、

 

朝、希望を持って目覚め

昼は懸命に働き

夜は感謝と共に眠る

 

ということで、(o^^o)

 

本日もみなさまの貴重なお時間を頂き、誠にありがとうございました(*☻-☻*)

 

とっても嬉しいです♡! 

 

ぜひまたお越しくださいませ♡

 

それでは、また*

 

良い1日、良い眠りを(o^^o)

 

まみお