まみむめも道

日本文化の研究と発信 世界旅行記

【箸のマナー】お箸の作法と由来 お箸は神聖な道具だった。

 こんにちは、まみおです(o^^o)

 f:id:mamimumemodou:20170506234746p:image

記事用の写真を撮影するまで暫し私の写真です(笑)

 

【箸のマナー】のページへようこそお越しくださいました*

 

日本に住んでいればほぼ毎日使用するお箸の背景をご存知ですか(o^^o)?

 

 何気なく使用しているお箸、実はとても神聖なものなのです*

 

もくじ

 

箸の由来

箸は神様の道具だった

庶民は手食の弥生時代、お箸はもともと神様にお供えする竹で出来たピンセットのような形の、神様の食事の道具でした。神様と天皇だけが使えるものだったのです

 

 なので日本では箸は神聖な道具で、自分の魂が宿る道具とされていました。

 

聖徳太子が中国の箸文化を取り入れた

庶民が使うようになったきっかけは、小野妹子らが中国の箸の作法を学び、その報告を受けた聖徳太子が箸を取り入れたのがはじまりといわれています。

 

両口箸の先端が細くなっているのはなぜ?

結婚式の時に使う祝い箸は、両端が先細の形になっていますね。

片方は神様が使い、神様と共に食事をとるという為の形になっています。

なので両方つかってはぜったいにブブー!なのです。 

取り分け用じゃないですよ!取り箸は別で頼みましょう。

 

割りばしを箸折りする風習

誰々のお箸、と家族それぞれに自分の箸やがあるのも、箸には自分の魂が宿るという理由で日本だけなのです。

 

また昔は割り箸をそのまま捨てないで一度折って、自分の魂を離してから捨てる風習がありました。無意識にされれいる方もいらっしゃいませんか?

DNAに刻み込まれているのかもしれませんね^^

 

兄弟のものだって人のお椀を使用するのは抵抗がある...これも日本人独特の思考です。

 

割りばしの割り方

膝の上で横向きにし、真ん中をもって上下に割ります。

左右に割ると隣の方に肘がぶつかる危険もありますし、縦向きは仏さまの印象になるので、お気を付けください。

 

最初から最後まで箸で食事をするのは日本だけ

 

中国や韓国は、汁物はレンゲなどを使用していますよね。

 

つまむ。切る。くるむ。押さえる。運ぶ。はがす。ほぐす。。のせる。分ける。まぜる。・・・なんでもできちゃいますね。その為、日本料理は持てる器はすべて持つというのがマナーです。 日本料理以外は器は持ち上げません。

 

明治時代の外交がはじまるまでは日本は天皇より肉食禁止令が続き、菜食主義でしたので、お箸一本で食事が出来ました。

 

お箸の嫌い箸 (禁じ手)を、理由も添えて解説

お箸の禁じ手は、食事のときに配慮する4つのポイントがNGの理由につながります。

①一緒に食べている方や周りの方に不快な思いをさせない

②作ってくださった方への配慮

③器を傷つけない

④死を連想させることはしない

 

寄せ箸 : 食器をお箸で手前に引き寄せる。

→引きずる為、食器やテーブルが傷ついてしまう。

 

刺し箸 : 箸を食べ物に突き刺して食べる。

→刺す行為は殺生を感じさせる。

 また、煮えたかの確認をする行為なので、料理人に失礼にあたります。


箸渡し : 食べ物を、箸と箸でやり取りする。

→仏さまの骨を納骨する方法です。

 

こじ箸 : 器に盛られた料理をかき回し、好物をさがす。

→盛り付けを崩すのは料理人さんに失礼になります。

 

渡し箸 : 食事の途中で箸を器の上に渡して置く。

→「もういりません」という合図になります。

 

立て箸 : ごはんに箸を突き立てる。

→仏箸といい、仏さまの枕元に供える作法です。

 

まだまだあります。しっかり目を通してくださいね^^

 

受け箸 : 箸を持ったままおかわりをする。

移り箸 : いったん取りかけてから他の料理に箸を移す。

かき箸 : 器のふちに口をあて、料理をかき込んで食べる。

空箸  : 料理に一度箸をつけたのに、箸を引いてしまう。

くわえ箸: 箸を口にくわえたまま、手で食器を持つ。

指し箸 : 箸で人を指す。

込み箸 : 口に入れた食べ物を、さらに箸で口の奥へ押し込む。

探り箸 : 汁物などの料理を器の中でかぎ混ぜて中身を探る。

叩き箸 :  ご飯を頼むときに茶碗をたたいて呼ぶ。

涙箸  : 箸の先から、汁をぽたぽた落とす。

二人箸 : 二人一緒に同じ料理をはさむ。

振り箸 : 箸先に着いた食べ物を振り落とす。

迷い箸 : どの料理から食べようかと迷い、料理の上で箸を動かす。

持ち箸 : 箸を持っている手で、一緒に他の食器を持つ。

ねぶり箸: 箸についたものを、口でなめる。

 

気をつけてまいりましょう*


箸の使い方

箸先五分、長くて一寸

これは箸を食事に触れる位置の目安で、五分= 約1.5cm  一寸= 約3cm

箸の先1.5cm~3cmくらいを使用する意識をして、あまり箸を汚さずに食べましょうね、という意味です。

 

箸の持ち方

実は私、お教室へ通うまで箸とペンの持ち方がおかしかったのです。

正しい持ち方をすると力がはいってしまい、全くできませんでした。

指の筋肉が人と違うのかとも思い少し諦めかけました(笑)

 

しかし先生はあきらめず、できるまでとことん付き合ってくださり・・

ついに!どこにも力が入らずに持てて動かせたので、動画を撮っていただきました^^

 


お箸の持ち方

 

持つ位置は3分の2あたり

下の箸を親指の付け根と薬指で固定して、上の箸を人差し指と中指のみで動かします。

 

正しく持てていない方へ

大人になっても治せます!

なぜなら正しいフォームは、私たちのご祖先様が培われた知恵の結晶であり、最も美しく機能的だからです。人間の一番持ちやすい箸の型なので、癖を直せばすぐに習得できます。

 

矯正箸は使用しない

矯正箸を使用したりしましたが、私にはまったく効果はありませんでした。

それよりも普段のお箸で、正しいフォームでどこにも力が入らないで動かせるポジションを見つけてから食事をする。正しいフォームを見つけるのに5分以上かかることもありました。そして食事中ずれたらまた、ポジションを見つけてから食事をする。矯正箸を使用していると、正しいポジションの感覚が一向につかめません。

 

2週間ほど、食事の時間が普段の3倍はかかりましたが、お蔭さまで訓練の末、2か月ほどで意識せずともいつの間にかきちんと持てるようになっていました。

 

矯正して良かった感想

治せてよかったことは、やはり型が美しいと所作も美しくなります。

そして持ち方が変でもまったく不便はないと思っていましたが、正しい持ち方の方が遥かに食べ物がしっかり掴めています。

 

絶対に今すぐ治したほうが、今後の人生より豊かになります。必ず持てますので、ぜひ今日から訓練してみてくださいね*   がんばって♪

 

使用後の箸のマナー ごちそうさまの合図

箸袋があれば、箸袋に戻します。

箸袋がない場合、懐紙で綺麗に拭き、箸置きに置きます。

お膳または折敷の場合は、懐紙で綺麗に拭き、中に落とします。

 

 

あとがき

 

神様とともに大地の恵みを戴く道具、とても神聖な道具のお箸。

 

以上となりますが、お箸の背景を知っていただき、日常の何気ないお食事も、特別なものと感じていただけたらとても嬉しいです^^

 

日常の生活のひとつひとつを丁寧にし、ひとつひとつの背景を意識すると、何気ない日常が味わい深いものとなります。

 

日本料理の種類と和食の作法もぜひご覧ください*

www.mamimumemodou.com

 

それでは、本日もご多用の中ご覧いただき、誠にありがとうございました。またお越しを心よりお待ちしております*

 

まみお